初期で見つけろ!

誰でも、忘れることってありますよね。

私もうっかりもので、つい忘れて、ありゃりゃってことありますよ。

 

認知症と普通の物忘れはどこが違うのでしょう
普通に誰でも歳をとれば物覚えが悪くなったり
少し複雑な事は理解しにくくなったりするものです。

 

今日どういうメニューの夕ご飯だったか。
メニューの内容が思い出せないと言うのは、
普通に老化したための物忘れです。これは私もよくあるw

 

認知症による物忘れと言うのは食べたと言うその行為
そのものをすっかり忘れてお腹がいっぱいになったとか、
空腹だとか、そういう感覚も鈍くなってしまいます。

 

そうして、過食になったり、食べずに栄養不足に
なったりという結果になります。

 

それはでは単にものを忘れたと言うことにとどまらず、
毎日の生活そのものがとても困難になります。

 

例えばお料理をしようとしても、お鍋を火にかけて、
材料が煮えるまでに忘れてしまって焦がして、
まともな料理がつくれない。味付けを忘れる。

 

洗濯しようと思って、洗濯機に洋服を入れて
洗剤を入れてスイッチを入れて、
そこまでの作業したことをすっかり忘れて、
また何度も何度も洗剤を入れてしまって、洋服を傷めたり

 

お風呂に入ろうと思って裸になって浴槽に入ったけれど
体を洗い、洗っている間にどこまで洗ったのか忘れて、
いつまでもいつまでもお風呂からでてこないといった
困ったことが起きてしまいます。

 

本人はとても困っていてイライラしたり、うつ状態になったり。
それでも、自尊心やプライドがあるので、

その原因が認知症であると言う自覚がなかなか持てません。

家族が変だなと思ったころには、かなり進んでいることがあります。

 

とても怒りっぽくなって家族に八つ当たり、
被害的になって妄想で家族を苦しめるような言動や
行動が起きます。家族もまさか自分の妻や夫が認知症に
なるなんてありえないと思っています。

 

そして人によればとても恥ずかしいことだと思ってしまいます。
それが認知症の家族や本人をとても苦しめることになります。

 

認知症は脳が障害を受けると言う病気です。
病気はきちんと治療する必要があります。

 

でもまだ認知症に対する治療に対しては誤解があります。
「 認知症は治らないからお医者さんに行く必要がない。」
と思っている人もいるでしょう。それは間違いです。

 

認知症は単に脳の病気です。
脳のどこに障害が出てきたのか調べてもらうと、
次にどういう症状が起こるかが推測できます。

 

それに応じた適切な介護や医療を受けることができます。

また中には治療によって治る認知症もあります。

正常熱水頭症慢性、くも膜下血腫また脳腫瘍など
手術等を受けることによって改善するものもあります。

 

何事にも素人判断はせず専門医に受診することをお勧めします。

認知症になったら、もうおしまいだ。なにもわからないようになる。
トイレもいけない。ウロウロして、家にも帰れない。
大声でわめく。暴言暴力など周辺症状といって
本人が苦しんで混乱している姿です。

 

誰もに現れるわけではなく、これは治療で治まります。

 

脳の機能が落ちるので本人にとっても混乱が生じ、
生活がしにくい状態が起こります。

 

テレビ等での情報は、極端な症例が多いです。
初期段階の軽い状態は、なかなか見つけづらいです。

 

料理の味付けが変わった、味付けがまずい。鍋こがし。
また探し物ばかりしている。失敗は人の所為にする。
作り話をする、冷蔵庫に同じ食品ばかり買ってきている。
財布が小銭だらけで、いつも万札で払う。

 

また、やたらおこりっぽい。何をするにも無気力。嫉妬妄想
ぼんやりしている。 いつも寝ている。または寝ない。
など、日常の行動に現れてきます。

 

自治体によっては健康センターなどに認知症の相談窓口等のコーナーがあります。
各自治体には地域包括支援センターがあり相談すると専門医につなげてくれることもあります。

 

ご家族だけで悩まずに相談をされることをお勧めします。
また初期の軽度認知症と言われる段階でよく効くお薬もあります。
自然な老化現象でもある物忘れ。と認知症の見分けるポイントに
ついてまとめてみました。

ご参考になればうれしいです。

介護のお悩み、お伺いいたします。
ご相談をコメント、お問い合わせでお受けします。
ご遠慮なくご連絡くださいね。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

介護って何!

次の記事

高齢化を強みに